アルコールチェッカーの数値|酒気帯び運転の基準値や罰則、注意点について解説

飲酒運転による交通事故は、昨今大きな社会問題となっています。2021年6月28日には飲酒運転が原因で千葉県八街市で下校途中の小学生の列にトラックが突っ込み、男女5人が死傷するという痛ましい事故が発生しました。
飲酒運転をなくすために、国民一人ひとりが飲酒運転を絶対にしない、させないという強い意志を持つことが重要です。

また、酒気帯び運転は厳しい行政処分と罰則がありますが、「酒気帯び運転」と判断される基準値をご存じでしょうか?
本記事では、酒気帯び運転となるアルコールチェッカーの数値や罰則内容、注意点について紹介していきます。

1.酒気帯び運転となるアルコールチェッカーの数値とは

運転する様子(酒気帯び運転となるアルコールチェッカーの数値とは)

酒気帯び運転とは法律上で禁止されている行為であり、酒気帯び運転に該当した場合は道路交通法違反とみなされます。
酒気帯び運転の基準となるのは、呼気中のアルコール濃度が0.15mg/l 以上含まれた状態となります。

また、アルコールの影響により車両等の正常な運転ができない恐れがある状態を酒酔い運転と呼び、酒気帯び運転以上の重い行政処分と罰則が与えられます。

【関連記事】
飲酒運転となる基準や処分内容をわかりやすく解説

2.アルコールチェッカーの基準値を超えて運転した場合の罰則

白バイが道路を走っている様子(アルコールチェッカーの基準値を超えて運転した場合の罰則)

では、酒気帯び・酒酔い運転には具体的にはどのような罰則があるのでしょうか?
罰則と行政処分に分けて内容を見ていきます。

2-1 酒気帯び運転の場合

まずは、酒気帯び運転の場合の罰則・行政処分について見ていきます。

罰則

  • 1. 車両等を運転した者:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 2. 車両等を提供した者:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 3. 酒類を提供した者又は同乗した者:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

行政処分

■呼気中アルコール濃度0.15mg/l 以上 0.25mg/l 未満

  • ・基礎点数:13点
  • ・免許停止:停止期間90日

■呼気中アルコール濃度0.25mg/l 以上

  • ・基礎点数:25点
  • ・免許取消:欠格期間2年

2-2 酒酔い運転の場合

次に、酒酔い運転をしてしまった際の罰則と行政処分について紹介します。

罰則

  • 1. 車両等を運転した者:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 2. 車両等を提供した者:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 3. 酒類を提供した者又は同乗した者:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

行政処分

  • ・基礎点数:35点
  • ・免許取消:欠格期間3年

 

基準値に関わらず、アルコールは少量でも脳の機能を麻痺させる作用があり、視力や注意力、判断力の低下など交通事故に結びつく危険性を高めます
少しでも飲酒をした場合は、絶対に車を運転しないようにしましょう。

3.アルコールチェッカーの数値に関する注意点

!マークを指さす様子(アルコールチェッカーの数値に関する注意点)

アルコール検知を行う際、アルコールチェッカーの数値に関する注意点がありますので説明します。

3-1 飲んでいないのに反応が出る場合がある

アルコールチェッカーは飲酒をしていなくても有反応となる場合があります

具体的には飲食物や薬の服用、喫煙、洗口材の使用や歯磨き粉等でも反応する場合があります。
また、ノンアルコールビール等、一見アルコールを含んでいないと思われている食品類にも微量のアルコールを含んでいることがありますので十分に注意してください。

アルコールチェッカーの保管環境や使用環境が数値に影響を及ぼしてしまうこともありますので、メーカーが定めた環境で保管・使用してください。

3-2 故障等により誤った数値が出ることがある

アルコールチェッカーのメンテナンス状態や管理状況、使用環境によっては故障につながり誤った数値が出てしまうことがあります。

アルコールチェッカーごとに使用回数・期限が定められているので、取扱説明書をよく読んで、メーカーが定めた使用回数・期限を守るとともに、精度維持のための日常点検や修理、定期交換は必ず行ってください。

 

【関連記事】『アルコールチェッカーって鼻息でも測定出来る?

4.アルコールチェッカーの数値に関するよくある質問

?マーク(アルコールチェッカーの数値に関するよくある質問)

アルコールチェッカーの数値に関する注意点を前述しましたが、つづいてよくある質問をご紹介します。

アルコールチェッカーの正常値は?

道路交通法において、酒気帯び運転の基準値となる呼気中のアルコール濃度は0.15mg/l となっており、これはビール中瓶1本、日本酒1合に相当します。
また、基準値未満であっても運転に影響を及ぼす場合があることがわかっています。

アルコールチェッカーの数値に誤差は出ない?

アルコールチェッカーは飲酒だけではなく、飲食物や薬の服用などによって有反応が出る場合があります。
また、メーカーが定めた使用期限が切れていたり、故障していたりして誤作動を起こしてしまうことがありますので、必ず日常点検を行ってください

アルコールチェッカーの劣化により数値が変動する?

アルコールチェッカーのセンサーは使用によって劣化するものであり、半永久的に使用できるものではありません。
メーカーが定めている検知回数・期限を守って使用してください。

5.まとめ

メモを取る様子(まとめ)

本記事では酒気帯び運転の基準値、および罰則・処分内容について細かく見ていきました。
基準値に関わらず飲酒をした場合は、絶対に車両等を運転しないようにしましょう。

また、アルコールチェッカーは飲酒の有無を判断するための1つの判断材料であって、運転の可否を判断するものではありません。
測定結果だけで判断せず、体調や顔色など総合的に判断してください。


PAGETOP