【危険】ノンアルコールビール(飲料)を飲んで車の運転をしてもいいの?対策と選び方を解説

飲み会に車を運転して参加する場合、飲酒運転にならないようにとノンアルコールビール(飲料)を選んでいる方も多いのではないでしょうか?

「ノンアルコール」と記載があればアルコールが全く含まれていないように感じますが、本当にノンアルコールビール(飲料)を飲んだあとに運転をして酒気帯び運転になることはないのでしょうか?

この記事ではノンアルコールの定義と酒気帯び運転にならないための飲み方や注意点を解説します。

1.ノンアルコールビール(飲料)を飲んだ後に運転してもいいの?

「運転する日はノンアルコールビールにしておこう」という方も多いと思いますが、果たしてノンアルコールビールを飲んだ後に運転することは全く問題ないと言えるのでしょうか?

ここでは運転前にノンアルコールビールを飲むときの注意点についてお伝えします。

ノンアルコールビール(飲料)が必ず度数0とは限らない

ノンアルコールビール(飲料)とは、アルコール度数が「1%未満」の飲料を指します。 アルコール度数が1%以上になると日本の酒税法では「酒類」に分類されます。 つまり、アルコール度数「0.00%〜0.99%」であれば「ノンアルコール飲料」と謳っても法律上問題がありません。

そのためノンアルコール飲料=アルコールが全く含まれていない、と判断せずアルコール度数が「0.00%」かどうか確認する必要があります

微量でもアルコールが含まれていれば飲酒運転となり罰則の対象になる

飲酒運転(酒気帯び運転)の基準値は呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上となります。
アルコール0.00%の飲料であれば、飲んだ量や時間に関わらず体内からアルコールが検出されることはなく、酒気帯び運転にはなりません。

しかしながら、わずかにアルコールを含んだノンアルコール飲料を短時間で大量に摂取した場合はごく稀にですが、基準値に達することがあります。そのため、ノンアルコール飲料=酒気帯び運転になる可能性がゼロと言い切ることはできません。

また、基準値未満であっても正常な受け答えができない状態で運転をしてしまうと、酒酔い運転の扱いになってしまいます。

2.飲酒運転にも種類がある

一概に「飲酒運転」といっても運転手の状態や酒気帯びの数値によってその扱いは異なります。

必ずしも基準値以下であれば問題ない、ということではありませんので運転する方はよく理解しておく必要があります。

酒酔い運転

酒酔い運転とは呼気中のアルコール濃度とは関係なく、下記のように客観的に見てアルコールが原因で正常な運転ができないと判断される状態をさします。

  • ・まっすぐに歩けない
  • ・受け答えがおかしい
  • ・ろれつがまわっていない

上記以外にも安全に運転ができない状態だと判断された場合、酒酔い運転と見られる可能性があるので注意しましょう。

酒気帯び運転

酒気帯び運転とは呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上、または血中1ミリリットル中0.3mg以上のアルコール濃度が検出された状態をさします。

それぞれの罰則については次の章でも紹介しますが、さらに詳しく「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」について知りたい方は以下の関連記事をご覧ください。

関連記事:『酒気帯び運転(飲酒運転)とは|基準や処分・罰則内容をわかりやすく解説

3.それぞれの飲酒運転の罰則について

飲酒運転にも「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2種類あることをご説明しました。
酒酔い運転・酒気帯び運転それぞれの罰則にも違いがあるのでしょうか?

罰則の内容に関わらず、たとえ少量であっても飲酒後の運転は許されない、ということは年頭に置いた上で罰則内容についても理解しておきましょう。

酒酔い運転の罰則

アルコール濃度に関係なく、酒酔い運転と判断された場合は5年以下の懲役または100万以下の罰金、さらに以下の行政処分が課せられます。

酒酔い運転の状態行政処分の内容
点数の処分免許の処分
アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態35点免許取り消し
(欠格期間3年~ ※)

※欠格期間・・・免許の再取得ができない期間

酒気帯び運転の罰則

酒気帯び運転で捕まってしまった場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらにアルコール濃度に応じて以下の行政処分が課せられます。

呼気1リットル中のアルコール濃度行政処分の内容
点数の処分免許の処分
0.15mg未満なしなし
0.15mg以上~0.25mg未満13点免許停止(90日~)
0.25mg以上25点免許取り消し
(欠格期間2年~ ※)

※欠格期間・・・免許の再取得ができない期間

 

以下の関連記事では更に詳しく紹介していますので参考にしてください。

関連記事:『酒気帯び運転(飲酒運転)とは|基準や処分・罰則内容をわかりやすく解説

4.ノンアルコールビール(飲料)で飲酒運転にならないための対策

「運転を予定しているけど、せっかくみんなで飲み会なので気分だけでも味わいたい!」そういった場面は度々あると思います。

飲酒運転にならないようにノンアルコールビールを正しく理解し、対策を取ったうえで安全に楽しみましょう。

本当にアルコールが0なのか確認する

「ノンアルコール飲料」と謳われていても、アルコール濃度が「0.00%」とは限りません
日本のメーカーのノンアルコール飲料は多くが0.00%ですが、必ず表示を確認して微量でもアルコールが含まれていない製品を選ぶようにしましょう。

微アルコールやノンアルコールと誤解されやすい具体的な銘柄を以下の記事で紹介していますので、こちらも参考にしてください。

関連記事:『【知らないと危険】ノンアルコールビール(飲料)って本当にアルコール度数0?注意点を解説!

居酒屋などでノンアルコール飲料を飲む場合は店員に確認する

スーパーなどで購入する製品であれば、缶やビンに表示されているアルコール濃度を確認できますが、居酒屋などで提供されるノンアルコール飲料が必ずしもアルコール濃度0.00%かどうかは目視ではわかりません。
運転する前に飲む場合などは、店員に0.00%かどうか確認するようにしましょう。

5.まとめ

この記事では「ノンアルコールビール(飲料)」の詳細な定義、ノンアルコール飲料を飲んだ後に車を運転する際の注意点について記載しました。この記事を読むまではノンアルコール=アルコール濃度ゼロと思われていた方が多かったのではないでしょうか?

居酒屋などに車を運転していく場合は特に注意し、思いがけない飲酒運転にならないようにくれぐれも気を付けましょう。

PAGETOP