よくある質問

  • キーワードで探す

カテゴリから探す

アルコールチェックの測定結果に影響を与える物質について教えてください

アルキラー、アルキラーPlusで用いる検知器は精密であるため、アルコール以外にも香料などの摂取後、糖尿病の方、薬を服用中の方、体質などにより有反応となる場合があります。

1. 直前に食べた食べ物の食品添加物によるもの

直前に食べたものに、下表の食品添加物が含まれている場合に反応することもございます。
対処法としましては、少し時間を置いたり口を水ですすいでいただくことで改善いたします。

アルコールチェッカの測定結果に影響を与える物質(PDF)


2. 体調や被検知者様の体質によるもの

糖尿病や腸からガスが出やすい方、空腹時など、体質によっては、食べてもいないのに体内から発生する雑ガスが反応してしまうケースもございます。

検知器の保管環境や検知場所に注意してください。
・タバコの煙がない場所で保管する
・既定の保管温度(-20℃~60℃)
・消臭剤、芳香剤、掃除用クリーナー等アルコール成分を含む製品を使用した場所で検知しない

有反応となる場合、検知の前に次のことを行ってください
・検知前約30分以内にご飲食等を控える
・歯磨き 等
・コーヒー類
・マウスウォッシュ
・空腹時(特にダイエットをされている方)
・検知前約30分以内にたばこは摂取しない
・検知前約3時間前に飲み薬やサプリメントを摂取しない
・検知直前にしっかりと真水でうがい、または水や白湯をコップ1杯以上飲む
・マウスピースを定期的に水洗いする

上記でも改善しない、長時間アルコール反応が出る場合は検知器のセンサーに付着物があり反応する場合があります。
修理、または洗浄を行いますので検知器のシリアル番号検知回数をお控えの上お問い合わせください。

カテゴリ : アルキラー / アルキラーPlus / よくある質問 / 特に多い質問

関連するQ&A

PAGETOP